不動産を利用する【住まいのプロフェッショナル】

スムーズに行う

ドラフター

任意売却とは、不動産購入によって金融機関等から借り入れた資金を返済できなくなった場合において、競売によることなく相対取引で当該不動産を売却することをいいます。 任意売却は、競売とは異なり金融機関等の債権者主導で売却を進めることができるため、債権者にとっては回収可能金額を算定しやすいメリットがあります。一方、競売の場合には不動産鑑定士により最低落札金額が決定されることになるため、債権者の要望等が受けられることはありません。 任意売却物件は、市場価格よりは安く購入することができるケースが多く、不動産会社にとっては、転売も可能な「おいしい物件」であった時代がありました。しかしながら、最近では市場価格とほとんど変わらない金額で売買されるケースも増えています。

借金を返せなくなった不動産の所有者(債務者)は、まずは、真摯に金融機関と相談するようにしましょう。金融機関は、債務者が借入金を返済できなくなった場合であっても、いきなり競売にかけるわけではありませんし、正直に相談してくれる債務者に対しては、返済方法の見直しに応じてくれる場合もあるからです。 どうしても、任意売却せざるを得なくなった場合であっても、債務者は債務が残る限り債務が免除されることはありません。したがって、少しでも高く売却できる可能性があるのであれば、自分で仲介業者に相談しても構いません。ただし、仲介業者に相談する場合であっても、債権者である金融機関に対して、事前に「いくらで以上で売却できればよいか」を協議して決定しておかなければ、後に買主候補者との間でトラブルに発展することがあるので注意しましょう。